色を伝えて共感を築く///色彩言語の編集術・情報デザイン


詳しい資料をダウンロードいただけます。

ダウンロード
色彩言語の編集Zone3 .pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 721.7 KB


色彩言語の編集講座 〜セラピューティック・ランゲージ編〜


【講座概要:色彩言語を編集するということについて】


この講座の特徴は、特定のメソッドやシステムに偏ることなく、色と人との関わりを取り上げているということです。このような学び方は、普遍的なエッセンスと、特殊なエッセンスとの差異に気づく能力を養うことを可能にします。 そのためにクラスでは、 色彩を表す言葉に注目しています。そこから、「色はどのように人と関わっているのか?」ということについて、じっくりと&本質的に考えていきます。
そして、 特定のメソッドやシステムに偏ることがないからこそ、自ずと体幹が養われ、小手先の表現手段ではなく、いつでもどこでも自在に用いるために必要な、質的理解が形成されるようデザインされています。


【講座スケジュール】

開講日:2015.01.05 on Web(メール配信によるWebレッスンも行われます)

ライブクラス日程(全8回)
2015年1月〜2015年8月 日曜日13:00〜18:00
※原則として第3日曜日ですが、今期は少し変則的です。ご了承願います。

2015年

1/18, 2/15, 3/29, 4/19, 5/17, 6/21, 8/02, 8/30


【受講料&お支払い形式】


1)Zone1&2修了生 85,000yen(税別)
 ★早期割引価格 82,000yen (税別)
 2015.01.05までにお支払いの場合

2)Zone1もしくは2修了生 88,000yen(税別)
 ★早期割引価格 85,000yen (税別)
 2015.01.05までにお支払いの場合

3)Zone3からご参加の方 92,000yen(税別)
 ★早期割引価格 89,000yen (税別)
 2015.01.05までにお支払いの場合



【申し込み期日】
参加申込み:2014.12.31
早割振込み:2015.01.05
振込み期日:2015.01.15


お申込みはこちらから




色彩言語の編集講座 〜セラピューティック・ランゲージ編〜



【講座概要】

この講座では、色彩情報とクリエイティブな関わりをもちながら、セラピューティックに言葉を紡ぐための編集術について学びます。そのためにクラスでは、 色彩を表す言葉に注目しています。そこから、「色はどのように人と関わっているのか?」ということについて、じっくりと&本質的に考えていきます。私たちの人生のあらゆるシーン・出来事を例える言葉としても用いることができる色彩言語は“人”を理解するという営みにおいて、重要な役割を果たしているといえるでしょう。

 

この講座の特徴は、特定のメソッドやシステムに偏ることなく、色と人との関わりを取り上げているということです。このような学び方は、普遍的なエッセンスと、特殊なエッセンスとの差異に気づく能力を養うことを可能にします。既に、某かのカラーセラピー等を学ばれた方で、それをさらに洗練・昇華させたいとお考えの方にも有意義な構成となっております。

 

じっくりと学ぶ性質のクラスデザインになっているため、「癒やされたい」「綺麗になりたい」など、“目的のための色”について知りたい方には不向きかもしれません。一方で、純粋に「色について深く知りたい」という方にとっては、私たちと色との歴史を通じて、色の世界の奥深さを体得していただくことが可能です。

『THERAPEUTIC LANGUAGE (セラピューティック・ランゲージ)』とは、コミュニケーションのための言葉の使い方を示す造語です。

 

本来、「セラピューティック」には、“健康維持に役立つ”という意味があります。かねてより、イン・ルーチェでは「コミュニケーション不全は健康不全のはじまり」との認識をもっております。

 

そして、コミュニケーションについては、従来の「伝える・伝わる」という片側通行的な捉え方から、相互作用による“合意形成(受容と理解)”と位置づけています。

 

 

そこで私たちの感情価が投影された色彩言語をセラピューティックに用いることで、健康指数の高いヘルシーなコミュニケーションの在り方を目指しでいます。